まとめ・比較

(10月)キャッシュレス・消費者還元事業 何で払ったらいいの?QRコード決済の還元率まとめ

キャッシュレス・消費者還元事業(国からの還元)

  • 中小企業: 5%
  • フランチャイズ(コンビニなど): 2%

還元方法(ポイント、チャージ残高、現金 etc)はサービスによって異なる

さらにキャッシュレス各社のポイント等が上乗せ

オススメのQRコード決済

対象外店、2%対象店→ 楽天ペイ、Origami Pay

5%対象店→ PayPay、Origami Pay

10月からキャッシュレス・消費者還元事業がスタートします。

キャッシュレス・消費者還元事業は、2019年10月1日の消費税率引上げに伴い、
需要平準化対策として、キャッシュレス対応による生産性向上や
消費者の利便性向上の観点も含め、消費税率引上げ後の9カ月間に限り、
中小・小規模事業者によるキャッシュレス手段を使ったポイント還元を支援する事業です。

引用元:キャッシュレス・消費者還元事業

いわば国を挙げた超絶大型キャンペーン!

消費税は10%に上がってしまうので、このキャッシュレス・消費者還元事業に乗っからなければ家計の圧迫は必至です。

キャッシュレス・消費者還元事業はQR決済以外に、クレジットカードのほか、Suicaやnanacoのような電子マネーでも適用されます。

何で払ったらいいか迷ってしまいますね。

大型キャンペーンを除けば、ポイント二重取り、三重どりできるQRコード決済が合計還元率は高くなりやすいです。

現時点で判明している情報をもとに、10月のQRコード決済の還元率をまとめました。

(10月)QRコード決済 還元率まとめ

消費者還元事業の対象外店、2%対象店、5%対象店に分けて、5種類のQRコード決済(PayPay、LINE Pay、楽天ペイ、d払い、Origami Pay)を比較します。

限定的なキャンペーンは除き、クレジットカードの還元率はヤフーカードや楽天カードに準じて1%とします。

オススメのQRコード決済

対象外店、2%対象店→ 楽天ペイ、Origami Pay

5%対象店→ PayPay、Origami Pay

 

消費者還元事業の対象外店

PayPay LINE Pay 楽天ペイ d払い Origami
国から還元
各社から還元 1.5% 0.5〜2% 5% 0.5% 3%
クレカ 1% 1% 1%
合計 2.5% 0.5〜2% 6% 1.5% 3%

消費者還元事業の対象になっていないお店では楽天ペイが最も還元率が高くなっています。

楽天ペイは消費者還元事業の対象外店では自腹を切ってポイントを上乗せするキャンペーンを行うことで、どんなお店で支払っても還元率が同じになるようにしているためです。

ですが、消費者還元事業の対象外店は主に大規模店なのでQUICPayなども使えることが多いでしょう。QR決済以外の選択肢も豊富なので、一概に楽天ペイ最強とは言えないと思います。

JCBでスマホ決済!全員に20%キャッシュバックキャンペーン!参加方法とおすすめの対象カード JCBカードを Apple PayまたはGoogle Payに登録しQUICPayで支払うと20%キャッシュバック 期間:...

2%対象店(フランチャイズ)

PayPay LINE Pay 楽天ペイ d払い Origami
国から還元 2% 2% 2% 2% 2%
各社から還元 1.5% 0.5〜2% 3% 0.5% 3%
クレカ 1% 1% 1%
合計 4.5% 2.5〜4% 6% 3.5% 5%

コンビニや飲食フランチャイズ店など、2%対象店においても楽天ペイがトップです。

次いでOrigami Payが高還元となっています。

楽天ペイは還元されるまでに時間がかかる(翌々月末)ので、即時割引が希望の場合はOrigamiも選択肢になるでしょう。

5%対象店(中小規模事業者)

PayPay LINE Pay 楽天ペイ d払い Origami
国から還元 5% 5% 5% 5% 5%
各社から還元 5% 0.5〜2% 0 0.5% 3%
クレカ 1% 1% 1%
合計 11% 5.5〜7% 6% 6.5% 8%

5%対象店ではまちかどペイペイキャンペーンでPayPayが最も高還元!

次いでOrigamiも高い水準にあります。

PayPayとOrigami Payは小規模店への導入に特に力を入れているため、メインで使っていくのはこの2つでしょう。

一方、対象外店と還元率を揃える方針の楽天ペイは5%対象店では全く自腹を切らないため、相対的に低い還元率となります。

(10月)QRコード決済 各論

5種類のQRコード決済(PayPay、LINE Pay、楽天ペイ、d払い、Origami Pay)の使いかた各論を簡単にまとめました。

なお、楽天ペイ、d払い、Origami Payは任意のクレジットカードと紐づけられるため、キャンペーン中の三井住友カードを使えばさらに20%上乗せすることができます。

三井住友カード20%還元キャンペーン 失敗しないカードの申し込み方法 三井住友カード新規入会、利用で20%キャッシュバック 期間: 2019年9月2日~12月27日のカードお申し込み カ...

10月からのPayPay

PayPayはヤフーカードでチャージ→残高支払いが最も高還元になります。

ヤフーカードを持っていない人は銀行口座からチャージしましょう。

PayPay オートチャージの設定方法 ヤフーカード直接支払いよりお得! PayPayオートチャージのメリット 銀行口座からのチャージで使っている人 チャージの手間が省ける Yah...

ヤフーカード以外のクレジットカード払いは還元率が著しく下がるのでオススメできません。

これまで3%還元であったPayPayですが、10月からは残念ながら1.5%に改悪され、PayPayチャンスの当選確率も低下します。

なお、「PayPay」の利用特典および抽選企画「PayPay チャンス」の内容について、10月1日より変更します。現在、支払方法に応じて最大 3%のPayPayボーナスを付与している PayPay利用特典は、10月1日より最大1.5%へ変更します。また、現在、20回に1回の確率で最大1,000円相当のPayPayボーナスが当たる抽選企画「PayPay チャンス」は、当選金額および当選確率を変更し、25回に1回の確率で最大100円相当、100回に1回の確率で最大1,000円相当のPayPayボーナスが当たる企画として実施します。

参考:10月からの新キャンペーンとPayPay利用特典の変更について

そのかわりに、まちかどペイペイキャンペーンによって小規模店では10%還元となります。

PayPayは使える場所も多く、中小規模店舗ではほぼ一択ですね。

10月からのLINE Pay

LINE Payは、マイカラー還元0.5〜2%に国からの還元2% or 5%が上乗せされます。

10/18〜31は対象店舗にて最大12%戻ってくるキャンペーンが行われています。

スーパーでは最大12%還元となるので、他の決済方法より勝るかもしれません。

ただし、10月中は、使い勝手の悪いLINE Payボーナスでの還元となります。

LINE PayボーナスとLINE Pay残高の違いと注意点 LINE Pay残高にも2種類ある 現金でチャージした残高 還元付与されたLINE Payボーナス ...

11月からはLINEポイントでの還元に変更されるようです。

 

10月からの楽天ペイ

楽天ペイは、消費者還元制度対象外のお店では独自にポイントを補填することで、どのお店で使っても5%還元に統一されるようになっています。

楽天ペイアプリのお支払いで最大5%還元 (エントリー)

このことにより、国の還元事業対象外の店舗では楽天ペイがお得になります。

一方、5%還元対象店では、独自の還元は上乗せされないためあまり旨みがありません。

PayPayとは対象的ですね。

また、これまで楽天ペイは楽天ポイントを支払いに使うと還元率が下がる傾向があったのですが、10月からはポイントを使っても5%還元になるところが素晴らしい!

楽天ペイは楽天カード以外に、Kyashを含めたクレジットカード(VISA、MasterCard)を紐付けられるため、還元率を底上げすることができます。

どこでも5%還元のキャンペーンは楽天カードが必須ではないので、Kyashや三井住友カードも使えますよ。

Kyashでいつもの買い物に還元率1%アップ リアルカードのお得な発行方法 Kyashとは 1%還元のプリペイドカード(リアルカード発行済み) クレジットカードからチャージでポイント二重取...
三井住友カード20%還元キャンペーン 失敗しないカードの申し込み方法 三井住友カード新規入会、利用で20%キャッシュバック 期間: 2019年9月2日~12月27日のカードお申し込み カ...

ただし、9月末のアップデートにより楽天ペイもクレジットカードの認証が必要となったため、3Dセキュア非対応のKyashをこれから新たに登録することはできなくなりました。

10月からのd払い

d払いは特に仕様変更はなく、これまでと同じ仕様に国からの還元2% or 5%が上乗せ。

d払いは消費者還元事業とは別に10/14まで20%還元キャンペーンをやっていますので積極的に使っていきましょう。

(9/14〜10/14)d払い20%還元キャンペーン 何に使うべき?こうすれば得する攻略法10月に消費者還元事業がスタートするにあたり、〇〇ペイ系アプリは各社仕様変更があり、バタバタしております。 まだまだ分からないこと...

また、ドコモユーザーは還元率をさらに底上げすることが可能です。

d払い、dカードiD いつでも最大+7% スーパー還元プログラム仕組み、どこまでやるべき?d払い及び、dカードでのiD払いで通常の還元に追加で常時還元率アップする仕組みがスーパー還元プログラムです。 https://dp...

10月からのOrigami Pay

Origami Payも仕様が少し変更となり、クレジットカード払い時の基本還元率が2%→1%に改悪となりました。

引用:Origamiアプリでおトクに支払おう。 

Kyashの還元率も2%→1%に変更となったのも相まって、金融機関口座から払っても、Kyash+クレカで払っても概ね3%還元となります。

これに消費者還元事業の2% or 5%が上乗せ。改悪はあったものの、還元率としては非常に高水準!

何より即時割引なのがわかりやすくていいですね。

origami pay おすすめ
QRコード決済は面倒くさい? デメリットが気になる人にオススメなのはOrigami Pay流行りのQRコード決済ですが、面倒くさいから使っていない、使うのをやめた、という人も多いと思います。 これ...

金融機関口座からの支払いを選択してもいいですし、三井住友のような高還元カードをお持ちならカード払いを選んでもいいでしょう。

Origamiはファミマやセブンイレブンで使えないのでイマイチ使える場所がない印象ですが、5%対象の小規模店を重視して展開しているため出番はあると思います。

そもそも キャッシュレス・消費者還元事業とは

引用元:キャッシュレス・消費者還元事業>消費者の皆様 TOP

実施期間 2019年10月1日〜2020年6月30日(9ヶ月間)
適用条件 対象店舗でキャッシュレス決済を行う
対象店・還元率
  • 中小企業、小規模店舗: 5%
  • フランチャイズ店: 2%
還元方法 決済方法による

(ポイント、チャージ残高、現金キャッシュバック etc)

店舗によっては即時割引(コンビニなど)

キャッシュレス・消費者還元事業とは、国主導で、お店側にはキャッシュレス端末導入の補助金を出して導入を推進し、消費者にはポイント還元を行う事業です。

10/1から消費税が2%上がりますが、キャッシュレスで支払えば、ポイント還元によって増税分をキャンセルしてもらえます。

増税による消費の冷え込み対策と、キャッシュレス推進を同時にやってしまおうということですね。

キャッシュレス・消費者還元 対象店

キャッシュレス・消費者還元事業の対象店は経済産業省の公式サイトに公開されています。

対象店には次のようなマークが掲示されます。

キャッシュレス・消費者還元事業 加盟店マーク

 

還元率は小規模店舗は5%、コンビニのようなフランチャイズ店は2%。

実店舗だけではなく、楽天市場やYahoo!ショッピングのようなECサイトも小規模店による出店であれば5%対象です。