まとめ・比較

(1月)キャッシュレス・消費者還元事業 何で払ったらいいの?QRコード決済の還元率まとめ

2020年1月のQRコード決済

キャッシュレス・消費者還元事業(国からの還元)

  • 中小企業: 5%
  • フランチャイズ(コンビニなど): 2%

還元方法(ポイント、チャージ残高、現金 etc)はサービスによって異なる

さらにキャッシュレス各社のポイント等が上乗せ

オススメのQRコード決済

消費者還元対象外店→楽天ペイ

2%対象店(コンビニなど)→楽天ペイ、メルペイ

5%対象店(小規模店)→ PayPay、d払い、メルペイ

PayPay:まちかどペイペイ抽選1,000円継続

LINE Pay:LINEポイント交換が終了、インセンティブがポイントに統一

楽天ペイ:5%キャンペーン再開

d払い:10%、20%キャンペーンたくさん。

Origami Pay:3%割引継続(1/31まで確定)

メルペイ:1/31までスマート払いで5%還元

10月からキャッシュレス・消費者還元事業がスタート。国から補助が出るこちらの還元と、各決済独自の還元が二重取りできるようになっています。

キャッシュレス・消費者還元事業は、2019年10月1日の消費税率引上げに伴い、
需要平準化対策として、キャッシュレス対応による生産性向上や
消費者の利便性向上の観点も含め、消費税率引上げ後の9カ月間に限り、
中小・小規模事業者によるキャッシュレス手段を使ったポイント還元を支援する事業です。

引用元:キャッシュレス・消費者還元事業

 

現時点で判明している情報をもとに、1月のQRコード決済の還元率をまとめました。

(1月)QRコード決済 還元率まとめ

消費者還元事業の対象外店、2%対象店、5%対象店に分けて、6種類のQRコード決済(PayPay、LINE Pay、楽天ペイ、d払い、Origami Pay、メルペイ)を比較します。

対象店が限定的なキャンペーンはここでは除きました。

クレジットカードに関しては

とします。カード還元率は全て1%です。

オススメのQRコード決済

消費者還元対象外店→楽天ペイ

2%対象店(コンビニなど)→楽天ペイ、メルペイ

5%対象店(小規模店)→ PayPay、d払い、メルペイ

消費者還元事業の対象外店

PayPay LINE Pay 楽天ペイ d払い Origami メルペイ
国から還元
各社から還元 1.5% 0.5〜2% 5% 0.5% 3% 5%
クレカ 1% 1% 1%
合計 2.5% 0.5〜2% 6% 1.5% 3% 5%

消費者還元対象外店では、楽天ペイのキャンペーンが再開したので、最もお得になっています。

楽天ペイは消費者還元事業の対象外店では自腹を切ってポイントを上乗せするキャンペーンを行うことで、どんなお店で支払っても還元率が同じになるようにしています。

2%対象店(フランチャイズ)

PayPay LINE Pay 楽天ペイ d払い Origami メルペイ
国から還元 2% 2% 2% 2% 2% 2%
各社から還元 1.5% 0.5〜2% 3%

コンビニ5%

0.5% 3% 5%
クレカ 1% 1% 1%
合計

4.5% 2.5〜4% 6% 3.5% 5% 7%

コンビニ8%

2%対象のフランチャイズ店ではメルペイスマート払いが最も高還元となっています。

ただし、2%分が即時割引還元されるコンビニに関しては楽天ペイが最も高く8%還元となります。

5%対象店(中小規模事業者)

PayPay LINE Pay 楽天ペイ d払い Origami メルペイ
国から還元 5% 5% 5% 5% 5% 5%
各社から還元 1.5% 0.5〜2% 0% 5.5% 3% 5%
クレカ 1% 1% 1%
合計 7.5%+α 5.5〜7% 6% 11.5% 8% 10%

5%対象店ではまちかどペイペイキャンペーンで運が良ければPayPayで1,000円戻ってきます。(確率1/20)

d払いは生活応援キャンペーンで5%付与されるため合計11.5%ですが、ドコモユーザーならdカードお支払い割スーパー還元プログラムも積めるのでさらに高還元となります。

PayPayとd払い、どちらがいいかは使える店も違いますし、dカードやドコモ回線の有無によりますが、1,000円以下の支払いならワンチャン全額戻ってくるPayPay、高額の買い物ならd払いがオススメです。

メルペイはiD払いが使えるので使える店も多く、一週間以内にポイントが付与されるのでキャッシュフローにも優れます。

(1月)QRコード決済 各論

6種類のQRコード決済(PayPay、LINE Pay、楽天ペイ、d払い、Origami Pay、メルペイ)の使いかた各論を簡単にまとめました。

なお、楽天ペイ、d払い、Origami Payは任意のクレジットカードと紐づけられるため、キャンペーン中の三井住友カードを使えばさらに20%上乗せすることができます。

三井住友カード20%還元キャンペーン 失敗しないカードの申し込み方法 三井住友カード新規入会、利用で20%キャッシュバック 期間: 2019年9月2日~12月27日のカードお申し込み カ...

1月からのPayPay

PayPayはYahoo! JAPANカードでチャージ→残高支払いが最も高還元になります。

ヤフーカードを持っていない人は銀行口座からチャージしましょう。

PayPay オートチャージの設定方法PayPayに待望のオートチャージ機能が実装されました。 ヤフーカードを持っていない人は基本的に銀行口座からのチャージで使っている...

ヤフーカード以外のクレジットカード払いは還元率が著しく下がるのでオススメできません。

まちかどペイペイキャンペーンキャンペーンによって小規模店では1/20の確率で全額〜1,000円が還元されます。

残念ながら2月からはヤフーカードチャージがTポイント付与対象外となります。

1月からのLINE Pay

LINE Payは、マイカラー還元0.5〜2%に国からの還元2% or 5%が上乗せされます。

残念ながらLINEポイントを他の提携ポイントに交換することはできなくなりました。

LINE Payマイカラー、LINEポイントの仕様変更内容まとめ、改悪前にやっておくべきこと LINE Payマイカラー →11月よりLINEポイントに変更 LINEポイント →今年限りで他社ポイント、L...

LINE Pay利用のインセンティブとしてLINE Payボーナスは廃止され、LINEポイントに一本化されました。

かなり複雑だった仕組みはシンプルになり、わかりやすくなったと思います。

1月からの楽天ペイ

楽天ペイは、消費者還元制度対象外のお店では独自にポイントを補填することで、どのお店で使っても5%還元に統一されるようになっています。

【第2弾】楽天ペイアプリのお支払いで最大5%還元 (エントリー必須)

このことにより、国の還元事業対象外の店舗では楽天ペイがお得になります。

楽天ポイント利用払いでも5%還元になるところが素晴らしい!

一方、5%還元対象店では、独自の還元は上乗せされないためあまり旨みがありません。

1月からのd払い

12月以降、ドコモが攻勢に出ており、たくさんのキャンペーンを打ち出しています!

エントリー必須のため、各キャンペーンよく確認しておきましょう。

dカード以外のクレジットカード紐付けによる支払いはキャンペーン対象外のものがいくつかあるので注意!

これを機にdカードを申し込む、もしくは銀行口座からのチャージで運用するようにしましょう。

また、ドコモユーザーは還元率をさらに底上げすることが可能です。

(2020年4月終了)d払い、dカードiD いつでも最大+7% スーパー還元プログラムは誰でも+2%は可能(ドコモユーザー以外もOK) 本記事は2020年4月までの仕様です。 ↓5月の仕様変更後に関する記事 https://paynomi.com/db...

1月からのOrigami Pay

Origami Pay自体の還元率は義金融機関口座紐付け時で3%、クレカ紐付け時は1%です。

引用:Origamiアプリでおトクに支払おう。 

Kyashの還元率も2%→1%に変更となったのも相まって、金融機関口座から払っても、Kyash+クレカで払っても概ね3%還元となります。

これに消費者還元事業の2% or 5%が上乗せ。何より即時割引なのがわかりやすくていいですね。

origami pay おすすめ
QRコード決済は面倒くさい? デメリットが気になる人にオススメなのはOrigami Pay流行りのQRコード決済ですが、面倒くさいから使っていない、使うのをやめた、という人も多いと思います。 これ...

(12/18〜)メルペイスマート払い5%還元キャンペーン

12/18〜1/31まで、メルペイスマート払いで5%還元キャンペーンを開催しています。

1,000ptが期間中の合計還元限度のため、2万円までの買い物はメルペイがお得!コード払いでもiDでも問題ないため使える店も比較的多めです。

年末年始にかけて、何で払えばいいか迷ったらメルペイがおすすめですね。

ただし、スマート払いのみが還元対象のため、設定はお忘れなく!

メルペイスマート払いは怖くない! 手数料無料にする返済方法とは? メルカリやっていない人も使うべし メルペイスマート払い(あと払い)は全くのノーリスク 限度額は自分で設定可能 →使いすぎの心配なし 手数料は翌月残高...

TUSHQE

以上のコード入力で、すすメルペイキャンペーン1000円が付与されます!

さらにスマート払い利用で2000円、合計3000円もらえる!(1/7まで増額!)

メルカリ自体初めての方は500円追加で合計3500円もらえます。

 

そもそも キャッシュレス・消費者還元事業とは

引用元:キャッシュレス・消費者還元事業>消費者の皆様 TOP

実施期間 2019年10月1日〜2020年6月30日(9ヶ月間)
適用条件 対象店舗でキャッシュレス決済を行う
対象店・還元率
  • 中小企業、小規模店舗: 5%
  • フランチャイズ店: 2%
還元方法 決済方法による

(ポイント、チャージ残高、現金キャッシュバック etc)

店舗によっては即時割引(コンビニなど)

キャッシュレス・消費者還元事業とは、国主導で、お店側にはキャッシュレス端末導入の補助金を出して導入を推進し、消費者にはポイント還元を行う事業です。

10/1から消費税が2%上がりますが、キャッシュレスで支払えば、ポイント還元によって増税分をキャンセルしてもらえます。

増税による消費の冷え込み対策と、キャッシュレス推進を同時にやってしまおうということですね。

キャッシュレス・消費者還元 対象店

キャッシュレス・消費者還元事業の対象店は経済産業省の公式サイトに公開されています。

対象店には次のようなマークが掲示されます。

キャッシュレス・消費者還元事業 加盟店マーク

 

還元率は小規模店舗は5%、コンビニのようなフランチャイズ店は2%。

実店舗だけではなく、楽天市場やYahoo!ショッピングのようなECサイトも小規模店による出店であれば5%対象です。