買い物攻略

dポイントスーパーチャンス3倍キャンペーン 提示であらゆる決済と二重取り可能

12/2〜、dポイントカード提示での獲得ポイントが3倍に増量されるキャンペーンです。

このキャンペーンは支払い方法はなんでも大丈夫なので、あらゆる決済アプリとのキャンペーンと二重取りが可能です!

d払い以外にも、PayPayやQUICPayなど、なんでも大丈夫ということですね。

このお得なキャンペーン概要と注意点を簡単にまとめました。

dポイントスーパーチャンス キャンペーン 概要

期間 2019年12月2日(月)0:00~2020年1月6日(月)23:59
参加条件 エントリー

dポイントカード提示(モバイルdポイントカードでも可)

還元率 通常ポイント+2倍相当期間・用途限定dポイント付与
付与上限 なし
付与時期 2020年3月6日
備考 ポイント利用分は還元対象外

【対象外加盟店】

AOKI、青島フィッシャーマンズビーチサイドホステル&スパ、アトリエはるか、apres les cours、ALGY、&and COMFY HOTEL、いきなり!ステーキ、いきなり!ペッパーランチダイナー、板前渡世いろはのゐ、WELLWHOLE、雲仙福田屋・山照‐別邸‐、NTTル・パルク・anパーク・ITCパーク他コインパーキング、F.O.KIDS、F.O.FACTORY、エフアンドエフ(もみの木薬局、オリーブ薬局 等)、大町自動車学校(佐賀県)、鹿島アントラーズ、門崎熟成肉 格之進、狗の郷、コンフォート、札幌篠路自動車学校、佐伯セントラルホテル、シアトルズベストコーヒー関電ビル店・NHK大阪店、渋谷のラジオ 渋谷商店部、重慶飯店、鷹の巣ゴルフクラブ、ディズニーストア、魚々家むてき、砦、ニューヨークのdポイント加盟店、博多ノ飯場なごみ、箱根小涌園ユネッサン、フジヤマドラゴン、プラス薬局、BREEZE、ホテル日航新潟、むてきの寅蔵、村岡総本舗、メガネの田中、モーリーファンタジー・PALO、ヤンマーミュージアム、横浜FC、LUCKY Open Factory、良和ハウス、ローズホテル横浜
(50音順 2019年11月15日時点)

還元率3倍で上限なし

dポイントの還元率はお店によって異なり、適用金額が税込or税抜かもまちまちです。

いずれにしても通常付与分の2倍分の期間限定ポイントが追加付与され計3倍!

ローソンやマクドナルドのように還元率1%の店なら2%追加。

ファミマやエディオンのように還元率0.5%の店なら1%追加です。

キャンペーンでありがちな期間中付与上限がないのが素晴らしいですね!

あらゆる決済方法とポイント二重取りが可能

キャンペーン適用条件はdポイントカード提示です。モバイルdカードでも問題ないので、物理カードをわざわざ用意する必要もありません。

dポイントクラブ

dポイントクラブ

株式会社NTTドコモ無料posted withアプリーチ

支払いをd払いで行う必要性はないので、お店によって最適なアプリやカードを選択できます。

無論、現金で支払っても問題ありません。 

dポイントキャンペーンの注意点

本キャンペーンの注意点です。必ず確認しておきましょう。

事前エントリーが必要

 

エントリーページへ

忘れずにエントリーしておきましょう。エントリーを忘れるとキャンペーンは一切適用されません。

dポイント利用分は還元対象外

dポイント利用分に関してはポイント付与対象外です。

3,000円のものを買う時に貯まっていた1,000ポイント使って決済すると、残り2,000円に対してポイント付与計算が行われます。

もしもdポイントを消費したいならば、dポイントカードから店員さんにポイントを使うよう伝えるのではなく、d払いの支払いでポイントを充当させるべし!

そうすれば会計上は普通にキャッシュレス決済したのと同じ扱いになるので、ポイントカード提示分は満額還元となります。

余談ですが、コンビニでポイント利用すると、キャッシュレス消費者還元の2%割引も対象外となってしまうので、そういった意味でもdポイント消費の際はd払いを通しましょう。

同時開催のd払いキャンペーン

以上はdポイントカードのキャンペーンですが、さらにd払いで2つのキャンペーンが同時開催されます。

(12/2〜12/15)d払いコンビニ10%還元 dカード以外のクレカ対象外に注意!12/2より、コンビニでd払い10%還元キャンペーンがスタート! 本キャンペーンはdカードもしくはdカード GOLD以外のクレジッ...

12/2〜12/15 コンビニ10%還元キャンペーン

12/2〜3/31 生活応援キャンペーン

ただし、この2つの12月キャンペーンに関しては、dカード以外のクレジットカード紐付けでの支払いは還元対象外

dカードを持っていない人は、銀行口座やATMからチャージして使う必要が出てきます。

ドコモユーザーなら電話料金合算払いを選んで間接的に他のクレジットカードで払えますが、非ドコモユーザーでクレカのポイントを二重取りしたければdカードもしくはdカード GOLDが必須になります。

ドコモユーザーならばd払いキャンペーンに加えて、dカードのキャンペーンで還元率4%さらに上乗せ。

dカードお支払い割

各QRコード決済の還元率が縮小傾向の中、docomoはまだまだ資金に余裕があるのでしょうか。今後も高還元を維持してくるようなので、この際dカードを申し込んでおくのもアリですね!