LINE Pay

LINE Payマイカラー、LINEポイントの仕様変更内容まとめ、改悪前にやっておくべきこと

LINE Payマイカラー

→11月よりLINEポイントに変更

LINEポイント

→今年限りで他社ポイント、LINE Pay残高への交換終了

  • ソラチカルートも閉鎖
  • 今後はLINE Payへの充当、LINEモバイルの支払いなどに利用

LINE Payの仕様が11月より以上のように変更となります。

LINE Payボーナスの使い勝手が悪く、LINE Payが複雑でわかりづらい仕組みになってしまっていたため、インセンティブをLINEポイントに一本化し、シンプルにする試みかと思います。

シンプルになるのはいいのですが、それに伴い、来年からLINEポイントの使い道は大きく制限されるようになります。

陸マイラー御用達のソラチカルートは完全に閉鎖。

そこでこの記事では、今から年末にかけて、損しないために知っておくべきこと、やっておくべきことをまとめておきます。

マイカラー インセンティブ変更

LINE Payで買い物を行うとマイカラーというランクに応じて還元が受けられます。

2019年10月までのマイカラーやキャンペーンで還元されるのはLINE Payボーナスといって、チャージした通常の残高とは少し仕様が異なり、利用用途に制限があります。

LINE PayボーナスとLINE Pay残高の違いと注意点 LINE Pay残高にも2種類ある 現金でチャージした残高 還元付与されたLINE Payボーナス ...

これが非常に評判が悪かったので、11月からはLINEポイントに再変更されます。

マイカラーは前月の利用額に応じて決まり、決済額の0.5%〜2%のLINEポイントが還元されます。

マイカラー ホワイト レッド ブルー グリーン
前月の利用額 1万円未満 1万円以上 5万円以上 10万円以上
還元率 0.5% 0.8% 1% 2%

(LINEスコアを上げることで利用額によらず常時ブルー、グリーンにすることも可能)

LINE Score(ラインスコア)ってなに? 利用するメリットは? 安全性は大丈夫?LINEスコアとは、ざっくり言ってしまうと、 LINEに個人情報を提供すると点数(信用スコア)をつけられて、それを元にサービスを受...

消費者還元事業対象店舗では、国からの還元2% or 5%が上乗せですが、この部分は2020年1月1日までLINE Payボーナスのままです

※以下のスケジュールにてLINE Payから付与されるインセンティブが「LINE Payボーナス」から「LINEポイント」に変更になります。あらかじめご了承下さい。

・「マイカラー」による付与:2019年11月1日(金)10:00から
消費者還元制度による付与:2020年1月1日(水)0:00から

よって、消費者還元制度部分に関しては後述するポイント交換サービス終了には間に合いません。

LINEポイント 交換サービスの終了

LINEポイントは他社ポイントに変更できたり、LINE Pay残高にチャージできたりといった使い方ができるため、現金と同等かそれ以上の価値があったわけですが、本年を持って交換サービスが終了となります。

■一部交換サービスの終了について

以下の対象サービスにつきまして、LINEポイントからの交換サービスを終了いたします。 なお、他サービスからLINEポイントへの交換につきましては、サービスを継続いたします。

《2019年12月27日 15:00に終了する交換先》

dポイント

nanacoポイント

メトロポイント

ベルメゾン・ポイント

JALマイレージバンク

Amazonギフト券(※)

Pontaポイント(※)

選べるe-GIFT(※)

※Amazonギフト券、Pontaポイント、選べるe-GIFTについては、在庫状況により交換受付終了日時よりも早い時期にて交換終了とさせていただく場合がございます。

《2019年12月31日 23:59に終了する交換先》

LINE Pay

※コード支払い、一部を除くオンライン支払い・請求書支払い時のポイント利用は引き続きご利用いただけます。

 

この中で特にインパクトがあったのは以下の2つ。

  • メトロポイントを中継したANAマイルへの交換(ソラチカルート)
  • LINE Pay残高への交換

この2つが非常に有用であったため、終了してしまうことは大きな痛手となります。

ソラチカルート閉鎖

ソラチカルート閉鎖ソラチカルート閉鎖

各種ポイントから航空系マイルに等倍で交換できる手段は存在せず、2ポイント→1マイルのように目減りするのが通常です。

LINEポイント→メトロポイント→ANAマイルという交換ルート(通称ソラチカルート)ならば、0.9 x 0.9 =0.81と、かなり高い倍率でポイントをマイルに変換できます。

マイルの価値は使い方によりますが一般に1マイル2円以上の価値はあると言われますので、少なくとも0.81 x 2 =1.62倍と、ポイントの価値を大きく高める交換ルートです。

LINEポイントからメトロポイントの交換が閉鎖されるため、来年以降はこのルートが使えなくなり、陸マイラーにとっては大きな痛手となります。

LINE Pay残高への交換閉鎖

LINEポイントは今のところ、LINE Pay残高に交換可能。マイルをためていない人にはこれが最も有用な使い方です。

なぜなら、LINE Pay残高なら通常の買い物どころか、LINE Payカードを介してAmazonギフト券だろうがSuicaチャージだろうが等倍で可能な上、さらに還元まで受けられるからです。

LINEポイント交換

 

主な交換先 レート
LINE Pay残高 1ポイント=1円
Amazonギフト券 1ポイント=0.91円
nanacoポイント 1ポイント=0.9円
Pontaポイント 1ポイント=0.9円

もしAmazonギフト券が欲しいならば、直接交換するのではなく、いったんLINE Pay残高に交換しておいて、その残高を使ってAmazonギフト券を買ったほうがいいですね。

実はLINEポイントをわざわざLINE Pay残高に交換しなくても、直接消費して支払いをすることもできます。それなのに、なぜわざわざLINE Pay残高に一旦交換すべきなのでしょうか?

LINEポイントで直接支払うと還元が受けられないからです。LINE Payの還元対象は、残高での支払い分に限ります。

ですが、来年以降は残高への交換ができなくなります。

よって、LINEポイント利用のチェックを付けてLINE Pay支払いをするしか消費の術がありません。使い勝手で大きな違いはありませんが、ポイント利用部分に関して還元が受けられなくなります。

LINE Pay、ポイント仕様変更に向けた対策

以上のように、LINEのインセンティブはLINEポイントに統一されシンプルでわかりやすくなる反面、これまで恩恵の大きかった交換ができなくなります。

2019年11月〜 マイカラーがLINEポイントに変更

2019年12月27日 ソラチカルート閉鎖

2019年12月31日 LINE Pay残高閉鎖

このスケジュールを見てピンと来るかと思いますが、11月、12月の2ヶ月間に限ってはLINE PayでLINEポイントを貯めることができる上、ソラチカルートを使ったマイルへの交換や、LINE Pay残高への交換が可能!

10月中にマイカラーグリーンの条件を満たしておけば、11月は2%還元でLINEポイントが貯められます。

陸マイラーならこの2ヶ月間だけはLINE Payを使う価値が大いにあるかと!

ただし、消費者還元事業の2% or 5%部分は年明けまでLINE Payボーナスなのでマイル移行不可です。

その後、12/27(残高交換は12/31)までに忘れずに交換手続きを行います。Gポイントを介した他社ポイントからの交換も計画的に済ませておきましょう。

改悪だと悲観的にならず、むしろこのチャンスタイムでがっぽり稼ぐことを考えよう!

マイカラー上げはワンコイン投資で

ワンコイン投資はLINE Pay利用額にカウントされるので、マイカラーランク上げ修行に活用できます。

LINE Payでの買い物額と、ワンコイン投資額の合計が月10万円に達すれば、翌月のランクはグリーンになれるわけです。

比較的低リスクなロボアド投資を行いながら、LINEポイントも稼げます。ランク上げのために無駄な買い物をしないで済みますね。

LINEスマート投資のワンコイン投資はマイカラー還元対象 資産運用しながら毎週2%還元が受けられる(最大2000pt) LINEワンコイン投資とは オンライン証券会社FOLIOの提供するロボアドバイザー →債券中心のローリスク・ローリタ...

ちなみに、LINEスマート投資にはワンコイン投資の他に、テーマ投資というサービスもありますが、こちらはLINE Pay決済ではないのでマイカラーも対象外となります。

↓ワンコイン投資公式ページ↓

 

ワンコイン投資

年末までにやること まとめ

  • 10月中にできればマイカラーグリーン要件を満たす
  • 11月、12月はLINE Payマイカラーなどを活用してLINEポイントを稼ぐ
  • 他社ポイント→Gポイント→LINEポイントの交換を12/27に間に合うよう行う
  • 12/27 15時までに全てのLINEポイントをメトロポイントへ交換手続きする

陸マイラーは以上のことを実践し、ソラチカルート閉鎖の最後の最後までマイルを搾り取りましょう。メトロポイント→ANAマイルが閉鎖されるわけではないので、12/27までにここまで終えていれば大丈夫でしょう。

マイルを貯めていない人も12/31までに全てのLINEポイントをLINE Pay残高に交換しておきましょう。

LINEポイント2020年からの使い方、貯め方

来年からのLINEポイントの使い方はLINE Payへの充当がメインとなるでしょう。

あとは、LINEモバイルユーザーであれば通信量に充当できます。

ソラチカルート等の閉鎖で使い道は減ってしまいますが、貯めても無駄といったことはありません。

LINE Pay残高に交換できなくなるので、ポイント利用時の還元はなくなりますが、年始にはLINEポイント3%還元のLINE Pay VISAカードが発行できるようになるため、ポイントの貯めやすさはむしろ向上するのではないかと期待しています!