クレジットカード

三井住友カード20%還元キャンペーン 失敗しないカードの申し込み方法

三井住友カード新規入会、利用で20%キャッシュバック

期間: 2019年9月2日~12月27日のカードお申し込み

カードご入会月+2ヵ月後末までを対象期間とする

上限12,000円(6万円利用まで)

JCBのキャンペーンに対抗して三井住友カードも20%キャンペーンです!戦争や!!

JCBでスマホ決済!全員に20%キャッシュバックキャンペーン!参加方法とおすすめの対象カード JCBカードを Apple PayまたはGoogle Payに登録しQUICPayで支払うと20%キャッシュバック 期間:...

各社激しく競争を行なっているわけですが、我々は淡々とおこぼれを拾っていくのみですね。

三井住友カードは申し込み時のマイ・ペイすリボ設定を間違うと年会費が発生してしまうので、よく確認しながら申し込みましょう。

三井住友カードキャンペーン概要

現在、三井住友カードは3つの大きなキャンペーンを開催しています。

運が良ければ利用額が全額、そうでなくても14,000円が返ってくるという、とんでもないことになっています。

新規入会限定!今なら最大12,000円!カード利用の20%還元キャンペーン

キャンペーンページはこちら

対象

以下の条件すべてを満たした本会員

  1. キャンペーン期間中に、新規にクレジットカードにご入会
  2. カードご入会月の2ヵ月後末までに、Vpassアプリへログイン
  3. カードご入会月の2ヵ月後末までに、クレジットカードまたはiDでお買物利用

 

特典

ご利用金額の20%(最大12,000円)プレゼント

カード入会後、2ヶ月分の利用額が20%返ってきます。JCBキャンペーンはQUICPayの利用のみですが、三井住友の方はなんでもOKなのがヤバイ。

ただし新規入会した人のみ対象です。

タダチャン!~お買物利用が抽選で合計10万本、全額タダ!(上限10万円まで)~

キャンペーンページはこちら

キャンペーン期間中における、対象カードのお買物利用が抽選で合計10万本無料(※)になります。

当選したお買物利用金額と同等額(上限10万円まで)をお返しいたします。

運が良ければ使った額が全額チャラになるキャンペーンです。

さすがにそう簡単には当たらないと思いますが、外れても20%還元ですからね。こんなキャンペーンが同時に開催されているなんて恐ろしい…。

「マイ・ペイすリボ」を登録して5万円利用するだけで、2,000円プレゼント!

キャンペーンページはこちら

リボというと手数料をぼったくられるのではと心配になりますが、三井住友の「マイ・ペイすリボ」は大変に親切設計。

適切に設定すれば手数料は一切発生しません。

ただ設定して普通に使うだけで2,000円もらえちゃいます。

さらに、マイ・ペイすリボに登録すれば三井住友クラシックカードの年会費は無料になります。

設定方法は後述いたします。

エブリプラスでもOK!

すでに三井住友VISAカードをお持ちの人は、エブリプラスカードを新規で申し込むことでキャンペーンに参加できます。

引用元:新規入会限定!今なら最大12,000円!カード利用の20%還元キャンペーン

エブリプラスの場合、もともとリボ専用カードのためか、マイ・ペイすリボで2,000円のキャンペーンだけは対象外となります。

 

マイ・ペイすリボ設定を忘れずに行う

クラシックカードのマイ・ペイすリボの登録自体はいつでも可能ですが、カード申し込み時に設定しないとキャンペーン対象になりません。

必ず「申し込む」を選択しましょう!

リボということでビビって「申し込まない」を設定してしまうと、年会費を支払う羽目になってしまいます。

三井住友カードのマイ・ペイすリボは、毎月全額返済すれば手数料は一切発生しない親切設計なので、ビビる必要はありませんよ!

申し込みページで以下の画像のような選択肢が出たら必ず「申し込む」を選びます。

マイ・ペイすリボ

なお、毎月の支払い金額はカードが届いてから変更可能ですので適当で大丈夫です。

カードが届いてからVpassにログインし、この金額を限度額いっぱいいっぱい(100万円など)に変更しましょう。

三井住友カード Vpassアプリ

三井住友カード Vpassアプリ

三井住友カード株式会社無料posted withアプリーチ

 

「メニュー」→「リボ払い」へ

マイ・ペイすリボ、お支払い金額変更

「増額を申し込む」

「次回」と「それ以降」の金額をそれぞれ変更可能なので、両方とも設定変更しておきましょう。

できる限り大きい値を設定しておきましょう。

こうすれば、月に100万円以上使わない限りはリボ払いにならないので、手数料は一切かからなくなります。

学生の方などはここを10万円までしか設定できないかもしれません。その場合は月々の利用額が10万円を超えないように気をつけましょう。

三井住友クラシック/クラシックAの違い

三井住友カードを初めて申し込む人は審査が通りやすく年会費の安いクラシックカードまたはクラシックAを選んでおけば良いでしょう。

クラシックカードとクラシックAの違いは年会費と旅行障害保険のみです。

年会費についてはどちらのカードも実質無料になるので、違いはないも同然。

キャンペーン後も使い続けるなら旅行保険が充実しているクラシックカードAの方がおすすめです。

クラシックカード クラシックカードA
年会費(マイ・ペイすリボなし) 1,250円 1,500円
マイ・ペイすリボ設定で年1回以上利用 無料 無料
海外旅行傷害保険 利用付帯 自動付帯
国内旅行傷害保険  なし 自動付帯

三井住友カードはキャンペーンが終わってもお得

キャンペーンのために申し込んで、終わったら解約ということを繰り返すのは今後の審査のことを考えると得策ではありません。

三井住友カードはビジネスシーンなどで出しても恥ずかしくないステータス性もあり、安心して使い続けられるカードです。

さらに還元率においても、20%キャンペーン抜きにしても非常にお得なカードです。

コンビニ、マクドナルドで常時2.5%還元

三井住友カードの基本還元率は0.5%ですが、セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン、マクドナルドにおいては常時5倍の特典があるので、2.5%還元です。

いつもの利用でポイント5倍! 

10月からの消費者還元が始まるとフランチャイズ店舗では国からの還元2%が加わるため4.5%還元!

これはカード決済のほか、iDやApple Payでも適用されます。

PayPayなどのQR決済が面倒な人は、三井住友カードをコンビニで常用しても十分お得であると言えます。

マクドナルドに至ってはQR決済が使えないので、三井住友カードiDが最強ですね!

選んだお店でポイント2倍!

よく利用するお店をあらかじめ3つまで指定することでポイント2倍(1%還元)にすることができます。

選んだお店でポイント2倍!

スーパー、ドラッグストア、カフェなどが指定できるので、よく行くお店がある程度決まっている人は三井住友カードが常用できます。

1%還元となれば楽天カードなどいわゆる高還元カードと同等の水準ですからね。

三井住友カードキャンペーン まとめ

  • 20%還元キャンペーン 12,000円
  • マイ・ペイすリボキャンペーン 2,000円

さらに運が良ければ全額還元かもしれないというおまけ付きです。

三井住友カードの所有を検討されている方は今が最大の好機だと思います!

↓公式ページはこちら↓