雑記

日経新聞を無料で読む方法 楽天証券口座があれば読み放題!

楽天証券の口座を開設するだけで日本経済新聞を無料で読める

→日経電子版にかかる月額4,200円を節約できる

日本経済新聞(日経新聞)は、ビジネスマンや投資家なら当然読んでないといけないよね、って風潮ありますよね。

実際、役立つ情報もたくさん載っていますし、経済に関する最新情報をキャッチするには日経新聞が最適だと思います。

しかし、毎月かかる定期購読料金は気になりますよね?

日経新聞購読料金

  • 日本経済新聞:4,900円/月
  • 日経電子版:4,200円/月
  • 日経Wプラン(新聞+電子版セット):5,900円/月

ぼくのスマホ代より高いですね。日経新聞は確かに優れた情報源ですが、さすがにスマホ以上ってことはないでしょう!?と思ってしまいます。

この月額4,200円以上する日経新聞をなんと、タダ読みする方法があります。年間にして5万円以上も節約できます。

決して怪しい方法ではありません。

楽天証券の口座を持ってさえいれば、無料で日経が読めるのです。

楽天証券

日経テレコン(楽天証券版)とは?

楽天証券で読み放題になるのは日経電子版ではなく、日経テレコン(楽天証券版)というサービスです。

日経テレコンとは日本経済新聞社が提供しているデータベースサービスで、日経新聞以外にも750以上の媒体を検索、閲覧できます。

日経テレコンも本来は有料サービスですが、楽天証券版は閲覧できる媒体を日経各紙のみに絞り、無料で提供されています。

日経新聞に関してはこれで問題なく全ての記事を読むことができます。 

日経テレコン(楽天証券版)で読める記事

楽天証券版「日経テレコン」では、以下の記事が読めます。

  • 日本経済新聞(朝刊・夕刊)
  • 日経産業新聞
  • 日経MJ(流通新聞)
  • 日経地方経済面
  • 日経プラスワン
  • 日経速報ニュース

個別の記事は1年前の分まで検索して読むことができますが、日経新聞としては直近3日分しか読み返すことができません。

有料の日経電子版は3ヶ月分までさかのぼって閲覧することができます。

日経テレコン(楽天証券版)の使い方

日経テレコン(楽天証券版)を利用するにはまず楽天証券の口座が必須です。

↓の記事はつみたてNISAに関するものですが、口座開設方法も解説しているので参考にしていただければ。

楽天証券でつみたてNISAのはじめかた 楽天カード、ポイント利用積立の設定方法以下の記事で、4大ポイントを使った投資を紹介しました。 https://paynomi.com/point-toushi 投...

口座を開設すれば、スマホやPCから日経テレコンが閲覧できます。

楽天証券

スマホでの閲覧方法

iSPEEDアプリをダウンロードし、以下の通りに操作します。

iSPEED - 楽天証券の株アプリ

iSPEED – 楽天証券の株アプリ

Rakuten Securities, Inc.無料posted withアプリーチ

 

日経テレコン(楽天証券版)の起動方法
iSPEEDにログイン後、以下の操作で日経テレコン(楽天証券版)の画面を表示できます。

  1. メニュー>マーケット> 日経テレコン(楽天証券版)をタップ
  2. 「ご利用許諾条項」をお読みになり、「同意する」をタップ
  3. 日経テレコン(楽天証券版)の画面が表示

 

表示媒体の変更 

  1. 画面右上のメニュー>きょうの新聞をタップ
  2. 媒体項目の「変更」をタップ
  3. 媒体を選択

引用元:日経テレコン(楽天証券版)

 

パソコンでの閲覧方法

マーケットスピードⅡ winのみ

マーケットスピード win/mac

以上いずれかをダウンロードし、以下の通りに操作します。

マーケットスピード II
マーケットスピード II にログイン後、「ニュース」→「日経テレコン21」をクリックしてください。

画面上の「ご利用許諾条項」をよくお読みになり、同意していただくと 「日経テレコン(楽天証券版)」が表示されます。

マーケットスピード
マーケットスピードにログイン後、「ニュース」→「日経テレコン(楽天証券版)」をクリックしてください。

画面上の「ご利用許諾条項」をよくお読みになり、同意していただくと 「日経テレコン(楽天証券版)」が表示されます。

引用元:日経テレコン(楽天証券版)

 

日経テレコン(楽天証券版)の使い勝手は?

日経テレコン(楽天証券版)は、無料で読める代わりに、有料の日経電子版に劣る部分もあります。

日経電子版は、実際の新聞紙と同じレイアウトで読むことができる紙面ビューアーというアプリが用意されていますが、日経テレコンでは横書きテキストのみで、写真や図表なども省略されています。

各記事ごとのPDFは見ることができ、紙面と同様のレイアウトで図表なども確認できますが、選択した1記事のみがスクラップ状に表示されるだけです。

紙の新聞のように一面をぱっと見て一覧するような読み方は難しく、気になる見出しの記事のみを確認したり、興味のあるワードで検索して閲覧するような使い方になると思います。

日経テレコン(楽天証券版) まとめ

楽天証券の口座を開設するだけで日本経済新聞を無料で読める

→日経電子版にかかる月額4,200円を節約できる

楽天証券の口座を持っていれば、日経新聞の全ての記事を無料で読むことができます。

ただし、ビュアーとしての機能はやはり有料の日経電子版には劣ります。隅から隅まで毎日読みたい人には向かないでしょう。

気になる記事のみ確認できれば良いという人なら日経テレコン(楽天証券版)で十分です。月4,200円もの出費を削減できるメリットは大きいので、固定費削減をお考えの人は活用してみてください。

楽天証券