クレジットカード

クレジットカードのショッピング保険比較 iPhoneはイオンカードで買うべし!

「買ったばかりのスマホを落としてバキバキに割れてしまった…。」

「メーカー保証も入ってないし、実費で修理か買い替えしかないかなぁ…。」

こんな時は諦めず、スマホを買った時に使ったクレジットカードのショッピング保険を確認してみましょう。ひょっとしたら修理代が返ってくるかもしれません!

購入した商品が万が一、破損してしまったり、盗難被害を受けた際の備えとなるのが、クレジットカードの「ショッピング保険」。

自分がお持ちのカードにどんな保険が付帯されているか、把握していますでしょうか?

ペイの実
ペイの実
還元率や優待がクレジットカードの「攻撃力」だとすれば、付帯保険は「防御力」だね。利益を得ることも大事ですが、損失を回避することも重要!

還元率だけを重視するのではなく、万が一に備えて手厚い補償が受けられる買い方をするのも賢い選択と言えますね!

この記事では、年会費無料〜安めで、人気のクレジットカードを中心に、ショッピング保険のスペックを比較し、その中でもオススメのカードを紹介していきます。

主なカードのショッピング保険比較

結論から言うと、年会費無料クレジットカードで最もショッピング保険が手厚いのはダントツでイオンカードです。

次点でセディナJiyu!da!、高還元率と補償を両立するリクルートカード

これらと、スマホ決済と親和性が高いYahoo! JAPANカードau PAYカード三井住友カード(VISA LINE Payと同スペック)、dカードを比較したのが下の表です。

イオンカード セディナJiyu!da! リクルートカード Yahoo! JAPANカード
au PAYカード
三井住友カード
dカード
年間限度額 50万円 50万円 200万円 100万円 100万円
補償対象 5千円以上 1万円以上 下限なし 1万円以上 リボor3回払い以上
自己負担額 0 3,000円 3,000円 3,000円 3,000円
補償期間 180日 180日 90日 90日 90日
スマホ 対象外 対象外 対象外 対象外

特に重要な項目は

  1. 自己負担額が安いこと
  2. 補償期間が長いこと
  3. スマホやタブレットなどが補償対象

だと思います。イオンカードはこのすべてを満たすショッピング保険最強カードですね。

ペイの実
ペイの実
還元率を重視して普段はQRコード決済やKyashなどを使っている場合でも、補償を重視してあえてクレジットカードで直接支払った方がいい場合があります。

イオンカードはスマホも補償される手厚い保険

イオンカード
  • 年間補償限度額: 50万円(ゴールド300万円)
  • 補償対象: 5,000円以上の商品
  • 自己負担額: 無料
  • 補償期間: 180日
  • スマホやタブレットも補償対象

イオンカードの「ショッピングセーフティ保険」は年間限度額こそ50万円と低いものの、自己負担無料で180日の補償を受けられます。イオンカードそのものの年会費も無料であることを考えればコスパ最強。

ペイの実
ペイの実
年間限度50万円までの補償が必要になることは稀だと思うので、自己負担が安く、期間が長い方がありがたいですね!

しかも後述するほとんどのショッピング保険では対象外になるスマホやタブレット、ノートパソコンも補償対象になると至れり尽せりです。

対象とならない主な商品および場合

●自動車 ●原動機付自転車、自転車、サーフボード、セーリングボート ●義歯、義肢、コンタクトレンズ ●飲食 料品(酒類含む)●動物および植物 ●現金、手形、小切手その他有価証券類、乗車券(鉄道・船舶・航空機の 乗車券、定期券、宿泊券、旅行券など)、旅行者用小切手、ビール券・商品券などのチケット・金券類 ●貴金属、 指輪、腕輪、宝石、真珠、宝飾品ならびに絵画、彫刻、刀剣、古銭、骨董品、収集品 ●稿本、設計書、図案、帳簿など ●会員さまが職業上、販売する商品 ●被保険者またはその配偶者およびこれと生計をともにする親族以外の者が管理中の事故による損害 ●商品の引渡し前の事故による損害 ●修理費に航空運賃が含まれている とき、航空輸送によって増加した費用 ●楽器の弦(ピアノ線含む)の切断または打楽器の打皮の破損および 音質、音色の変化 ●ラケットのガットのみに生じた損害 ●汚損、かぎ損、擦傷、かき傷、塗料のはがれなど、 単なる外観の損傷であって、機能に支障をきたさない損害 ●香水などの漏出による損害 ●電池、フィルム、 ディスク、デジタルカメラの記録媒体、テープの損害 ●ガラス(レンズ、鏡などを含む)、管球類の損害(ただし保険 の目的の他の部分と同時に損害が発生した場合を除く)●潤滑油、操作油、冷媒、触媒、燃料などの損害

など

引用元:保険ご案内(pdf)

ゴールドカードに昇格すれば年間補償限度が300万円までアップし、さらにスキがなくなります。

セディナJiyu!da! 補償期間が180日と長い

セディナJiyu!da!
  • 年間補償限度額: 50万円
  • 補償対象: 10,000円以上の商品
  • 自己負担額: 3,000円
  • 補償期間: 180日

セディナカードの中でも人気のセディナJiyu!da!もイオンカードに次いで使いやすいショッピング保険が付帯しています。

補償期間は180日とイオンカードと同等ですが、自己負担額3,000円かかるのと、スマホなどが対象外である点で劣ります。

補償の対象とならない主な損害

●船舶、航空機、自動車、自動二輪車、原動機付自転車、自転車、雪上オートバ イ、ゴーカート、ハンググライダー、パラグライダー、サーフボード、セーリングボー ド、ウインドサーフィン、ラジオコントロール模型およびこれらの付属品 ●携帯式電子機器(移動電話、ポケットベル等の通信機器、ノート型パソコン、ワープロ等の携帯式電子事務機器およびこれらの付属品)
●義歯、義肢、コンタクトレンズ、眼鏡その他これらに類するもの ●動物および植物
●現金、手形、小切手、その他の有価証券、印紙、切手、乗車券類(鉄道・船舶の乗車船券 、航空機の航空券ならびにこれらの定期券)、宿泊券、観光券および旅行券、旅行小切手、プリペイドカード、電子マネーその他あらゆる種類のチケット
●食料品
●コンピュータ用の記録媒体に記録されているプログラム、データ・その他これらに類するもの
●稿本、設計書、図案、証書、帳簿その他これらに準ずるもの
●書画、骨董、彫刻物、その他の美術品
●不動産および不動産に準ずるもの ●会員が従事する職業上の商品となるもの
●ギフトカードで購入した商品
●他人より委託されて購入した商品

引用元:保険サービスのご案内(pdf)

リクルートカードは高還元でショッピング保険も優秀

リクルートカード
  • 年間補償限度額: 200万円
  • 補償対象: 最低価格設定なし
  • 自己負担額: 3,000円
  • 補償期間: 90日

1.2%の高還元率カードとして知られるリクルートカードですが、実はショッピング保険も優秀です。

自己負担額3,000円、補償期間90日は平凡ですが、年間補償限度額200万円は年会費無料カードとしてはかなり高い部類。

補償対象となる商品の最低金額の設定がないのもメリットですが、自己負担3,000円があるので、3,000円未満の商品については請求しても元が取れません。

ペイの実
ペイの実
イオンカードの弱点を補完することができるのがgood!

50万円より高いものを買う時はリクルートカードがおすすめですね。

リクルートカード

ヤフーカード・au PAYカード

ヤフーカード・au PAYカード
  • 年間補償限度額: 100万円
  • 補償対象: 10,000円以上の商品
  • 自己負担額: 3,000円
  • 補償期間: 90日

QRコード決済と相性の良いYahoo! JAPANカードau PAYカードにも標準的なショッピング保険が付帯しています。いずれも還元率1%で使いやすいカードなので、メインで使っている人も多いかと思います。もしもの時のために覚えておきましょう。

三井住友カード、dカードは分割払いが必須

三井住友カード・dカード
  • 年間補償限度額: 100万円
  • 補償対象:(国内)リボ払い or 3回以上の分割払い (海外)制限なし
  • 自己負担額: 3,000円
  • 補償期間: 90日

三井住友カード(VISA LINE Payを含む)やdカードの一般カードのついては注意が必要です。国内利用に関しては3回以上の分割払いで買ったものしか補償対象になりません。

ペイの実
ペイの実
一括払いで買った場合は適用されないので、ショッピング保険は使い物にならないと思っておいた方がいいですね。

 

一方、グレードの高いカードであれば一括払いでもショッピング保険対象です。

例えばdカード GOLDは一括払いでも年間300万円まで補償されます。

別途加入でショッピング保険を付与できるカード

人気の楽天カードや、エポスカード、セゾンカードに関しては残念ながらショッピング保険が付帯していませんが、保険料を払って加入することで、補償を付与することが可能です。

楽天カードのショッピング保険

楽天カードのうち、プレミアムカードには一般的なショッピング保険(動産総合保険)が付帯されています。

しかしながら、一般カードおよびゴールドカードにはショッピング保険が付いていません

もしショッピング保険を付帯させたいなら、「楽天カード超かんたん保険」のお買い物プランに加入することになります。

超かんたん保険 お買い物プラン
  • 保険料月額: 250円
  • 1事故限度額: 10万円
  • 自己負担額: 3,000円
  • 補償期間: 180日

月額250円かかってしまいますが、補償期間180日と長く、イオンカードには及ばずもセディナと同等レベルのショッピング保険です。

ペイの実
ペイの実
この保険は楽天市場SPU+1倍の対象になるので、毎月25,000円以上の買い物をする人なら加入するだけで元が取れます。(最安は持ち物プラン200円ですが…。)

楽天カードをメインで使う人には悪くない選択!

なお、年払いなら2,750円でお安くなりますが、支払った翌月しかSPU達成にならないので注意!

エポスカードのショッピング保険

エポスカードはゴールドやプラチナも含めてショッピング保険の付帯はありませんが、年額1,000円という非常に安いコストで「エポスお買物あんしんサービス」に加入できます。

エポスお買物あんしんサービス
  • 保険料年額: 1,000円
  • 年間補償限度額: 50万円
  • 補償対象: 3,000円以上の商品
  • 自己負担額: 無料
  • 補償期間: 90日
ペイの実
ペイの実
保証期間は普通ですが、自己負担額無料が嬉しい。エポスカードをよく使う人で年額1,000円なら、お守りがわりに加入してもいいと思えます。

セゾン一般カードのショッピング保険

セゾンカードのうち、年会費の安い一般的なカードにもショッピング保険は付帯されていませんが、年額わずか300円を支払うことで「お買物安心プラン」を後付けすることが可能。

セゾンお買物安心プランA
  • 保険料年額: 300円
  • 年間補償限度額: 100万円
  • 自己負担額: 5,000円
  • 補償期間: 90日

保険料は高くなりますが、さらに手厚いプラン[Y]もあります。

セゾンお買物安心プランY
  • 保険料月額: 300円
  • 年間補償限度額: 100万円
  • 自己負担額: 1,000円
  • 補償期間: 180日
  • 携行品補償限度額10万円も付帯

AMEX、ダイナースのショッピング保険

ここまで、年会費無料〜安めの一般カードを中心に紹介しましたが、AMEXやダイナースといったステータスカードについても確認しておきましょう。

イオンカード AMEXゴールド ダイナースクラブカード
年間限度額 50万円 500万円 500万円
補償対象 5千円以上 下限なし 下限なし
自己負担額 0 10,000円 10,000円
補償期間 180日 90日 90日
スマホ

AMEX、ダイナースは流石に高い年会費のカードだけあって、凄まじく手厚い保険が付帯しています。スマホなども補償対象!

しかしながら、自己負担額10,000円が辛い!

例えばスマホの修理に3万円かかったとしても、AMEXやダイナースは2万円しか戻ってこないわけです。イオンカードなら全額戻ってきます。

年間限度額500万円はイオンカードの10倍も手厚いですが、正直、一般人にはオーバースペックすぎて持て余すレベル。1年のうちに500万円分も何かがぶっ壊れたり盗まれたりすることは極めて稀でしょう。

イオンカードの方が補償期間は180日と2倍も長くなっていますし、ショッピング保険の観点では使いやすいのではないでしょうか。

ペイの実
ペイの実
数万〜数十万円程度のiPhoneなど、ガジェット類を補償重視で買うならイオンカードが最適解ですね!