ポイ活・お得ワザ

楽天ポイントと楽天キャッシュの違いまとめ、お得な使い分けかた

2020年1月20日より、楽天ポイントカードの仕様が変更になります。

ざっくり言うと、楽天ポイントカードでも楽天キャッシュが使えるようになる!

これまで楽天ペイが使えるお店以外では楽天キャッシュを消費することはできなかったのですが、この仕様変更後は、マクドナルドなどでも楽天キャッシュが使えるようになるということです。

楽天ROOMの報酬も楽天キャッシュで支払われるので、貯まっている人には嬉しい変更ですよね。

ところで楽天キャッシュってなに??

という方も多いと思いますので、この機会に楽天ポイントと楽天キャッシュの違いについてまとめてみました。また、有効な使い分け方も解説します。

楽天キャッシュは今のところ、楽天ペイで消費するのがおすすめです。

楽天ポイントと楽天キャッシュの違い

楽天ポイント、楽天キャッシュともに、楽天市場や、楽天ペイなどでの買い物に使えるのは同じです。

異なるのは、使用される優先順位と、一部サービスへの利用可否です。その違いに関して、要点を下表にまとめました。

楽天ポイント 楽天キャッシュ
期間限定ポイント 通常ポイント
主な入手法 キャンペーン、POSA購入 買い物での還元、ROOM報酬 チャージ、ROOM報酬
充当の可否、優先順位
楽天ポイントカード 1 2 3
楽天モバイル・楽天でんき 1 2 3
ポイント運用・楽天証券 不可 可(※) 不可
楽天カード支払い 不可 可(※) 不可
他ユーザーへ送る 不可 家族カード会員のみ

(※)他社から交換したポイントは不可

楽天ポイント・キャッシュ 使用される優先順位

楽天市場や楽天キャッシュはポイント、キャッシュの利用優先順位を指定できます。

一方、仕様変更後の楽天ポイントカードや、楽天モバイル楽天でんきに関しては必ず、

  1. 期間限定楽天ポイント
  2. 通常楽天ポイント
  3. 楽天キャッシュ

の順に消費されます。楽天ポイントが残っているうちは楽天キャッシュは消費されません。

楽天モバイル楽天でんきは毎月の固定費なので期間限定ポイントの出口として重宝しますよね。無駄な買い物することなく現金の消費を抑えられます。

ただし、通常ポイントは後述するように楽天キャッシュより用途が豊富なので、温存しておいて楽天キャッシュを優先して使いたい場合もあります。しかしポイントが残っているうちはそちらが優先して使われてしまいますので、楽天キャッシュは楽天ペイなどで使っていくしかありません。

通常ポイントしか使えない用途(投資・カード支払い充当)

期間限定ではない通常楽天ポイントしか使えない主な用途に、投資とカード支払い充当があります。

これらに充てるメリットが大きいため、通常楽天ポイントは買い物に使わず温存したい人も多いと思います。

楽天ポイントで投資

楽天ポイントを使った投資は、証券口座がなくても可能なポイント運用と、楽天証券で投資信託や国内株式を購入する際に充当するポイント投資サービスの2つがあります。

4大ポイント(dポイント、Pontaポイント、楽天ポイント、Tポイント)の投資を比較 貯めたポイントは浪費せずさらに増やす!4大共通ポイント(dポイント、Pontaポイント、楽天ポイント、Tポイント)は、買い物に使うだけではなく、株や投資信託に投資して、さらに...

特に楽天証券でのポイント投資の場合、ポイントで買った金融商品を売却すると現金が振り込まれるため、ポイント現金化手段として利用価値が高いですね。

楽天証券でつみたてNISAのはじめかた 楽天カード、ポイント利用積立の設定方法以下の記事で、4大ポイントを使った投資を紹介しました。 https://paynomi.com/point-toushi 投...

楽天カード ポイントで支払いサービス

楽天カードの月々の請求に対して、ポイントを充当させることができます。

このサービスの凄いところは、ポイントを利用しても還元されるポイントは減らない点!

例えば楽天ポイントを楽天市場での買い物に使うと、楽天カードで全額支払うのに比べて還元率が下がります。

ポイント付与条件のうち、以下は楽天カード支払い必須

→ポイントを利用した分は対象外

  • SPU 楽天カード利用: +2% (ゴールド、プレミアムは+4%)
  • SPU 楽天銀行+楽天カード: +1%
  • SPU 楽天の保険+楽天カード: +1%
  • キャッシュレス消費者還元: 5%

楽天市場で楽天ポイントを使うと最大で11%も還元率が下がってしまう。

一方、楽天カードで支払った後、この請求に対してポイント充当すれば満額還元となります。

(あまりないと思いますがポイント充当で全額まかなわれた場合は楽天銀行に請求が行かないので1%だけ下がります)

前述した投資に関しても、投信積立の場合は楽天カードで支払えますから、ポイントで直接支払うよりも、楽天カードで積み立ててその請求にポイント充当した方が1%得できます。

通常ポイントの出口は楽天カードの支払いに充てるのが最強!

ただし、毎月12〜20日に手動で手続きする必要があるので面倒ではあります。

楽天キャッシュは人に送れる

通常楽天ポイントのみ、投資やカード支払い充当に使えます。

つまり、楽天キャッシュの使い勝手は通常楽天ポイントに劣ります。

一方、楽天キャッシュのいいところは、楽天ペイアプリから自在に送金可能である点。

楽天キャッシュを送る楽天キャッシュを送る

 

僕は、楽天キャッシュは妻に送金して日々の支払いに使ってもらっています。

楽天キャッシュは楽天ペイで使うべし

楽天キャッシュを現金化できればいいのですが、残念ながらその機能(プレミアム型)は2019年3月より凍結されたままです。

通常楽天ポイントは現金に近い使い方ができるので、可能ならば、

  1. 期間限定楽天ポイント
  2. 楽天キャッシュ
  3. 通常楽天ポイント

の順に消費して、通常楽天ポイントは買い物に使わず温存したいですよね。

しかし、楽天ポイントカードや、楽天モバイル楽天でんきは、

  1. 期間限定楽天ポイント
  2. 通常楽天ポイント
  3. 楽天キャッシュ

の順で使われてしまいます。また、楽天市場での買い物は還元率が下がってしまうので、そもそも楽天ポイントを使うべきではありません。

そうなるとコントロール可能なのは楽天ペイぐらいしかありません。

楽天キャッシュは楽天ペイで消費楽天キャッシュは楽天ペイで消費

僕は、楽天ペイではあえて優先設定をキャッシュ優先にして、通常ポイントを温存するようにしています。

(2020/7〜)楽天ペイ街の買い物ポイント利用で1%還元に変更!オススメの使い方、還元率まとめ 楽天ペイ(2020/7月から) 街の買い物→楽天ポイントor楽天キャッシュ利用で1%還元に変更(従来還元なし) 期間...

通常ポイントはなるべく楽天証券か、楽天カードの支払いに充てたいですね。