個別株

ネオモバで端株を保有しておくメリット 優待クロスでも長期保有認定される!?

SBIネオモバイル証券で投資をするメリット

  • Tポイントで投資ができる

→Tポイントが現金化される!

 

  • 毎月もらえる期間固定Tポイント200p + 通常Tポイント2p
  • 月額利用料220円をKyashで支払い4円相当還元
  • 月額制のため取引手数料が無料

→実質、毎月14円で取引し放題!

 

  • 1株単位で株が買える
  • 銘柄次第では株主優待も貰える

→リスクを下げて気軽にチャレンジ! 配当、優待目当てにおすすめ!

 

SBIネオモバイル証券(ネオモバ)なら、Tポイントを使って、定額制の手数料で、1株単位から国内株投資にチャレンジできます。

SBIネオモバイル証券(ネオモバ)のメリット・始め方 Kyashで利用料支払い Tポイントを投資して現金化 SBIネオモバイル証券で投資をするメリット ヤフーカードでPayPayチャージする際に貯まるTポイントで投資ができる ...

他の証券会社にはないメリットを活かして、ぼくは次のような方針で運用を行っています。

ペイの実のネオモバ運用方針
  • Tポイントのみで投資し、本業の給与には手をつけない
  • 多数の銘柄に分散
  • 端株優待やクロス取引での長期保有認定を積極的に狙う
ぼくのネオモバのポートフォリオは毎月このブログで報告しています!

個別株月次報告

ところで、クロス取引での長期保有認定って何でしょう?

ネオモバを活用すれば、クロス取引でもらえる優待をさらにグレードアップさせることができるのです!

ぼくが実際に行っているネオモバを活用した優待の長期認定について、その仕組みを初心者向けに解説します。

投資はちょっと怖いという人でも、この方法なら少ない元手と低いリスクで豪華な優待がゲットできますよ!

SBIネオモバイル証券

そもそもクロス取引とは?

クロス取引(つなぎ売り)とは、同一銘柄を同数量、現物買いと信用売りを同時に行うことで、株価変動の影響を受けずにノーリスクで株主優待をゲットするテクニックです。

優待欲しさに株を買っても、株価が想定以上に下落してしまえばトータルで大損する可能性がありますよね。これを避けるために、同時に空売りを行っておくのです。

株価が下落して現物買いで損失が出ても、空売りを同時に行っていれば同額の利益が出て、損益が相殺されるわけです。

ところで、信用売りとはすなわち、株を一時的に借りて空売りしている状態。長く空売りしていると貸株料を支払う必要があります。

よって、クロスで優待の権利をとった後は保有株をすぐに手放してしまうのが鉄則です。

株の長期保有認定とは?

クロスで優待の権利をとった後は通常、現渡し決済でキレイさっぱり清算します。

一方で、株を長く保有することで株主優待が年々グレードアップする銘柄があります。

株主優待実施要項

株主優待の対象株主 基準日現在の株主名簿に記録された100株(一単元)以上の株主
割当基準日 3月末日(年1回)
優待品 QUOカード
発送時期 毎年6月下旬を予定

特徴1 長期保有優遇制度 

当社では、株主の皆様に長期的な視点で投資していただくために、株式保有期間に応じた額面を設けております。保有継続期間の認定は、3月末日を基準とさせていただきます。また、保有確認は3月末と9月末の当社株主名簿で、株主番号を基準に行います。

引用元:リコーリース株式会社ー株主優待のご案内

リコーリースの例だと、1年目はクオカード3000円なのに対し、3年以上保有すれば、なんと毎年5000円相当ももらえてしまいます!

現物株を1単元(=100株)以上ずっと持ち続けていればいいわけですが、そのためにはある程度まとまった元手が必要ですし、株価が下落して損してしまうリスクもあります。

何とか低いリスクで、毎年5000円分のクオカードを手に入れる方法はないものか…。

ネオモバを活用すればそれが可能になります。

ネオモバを活用して優待クロスでも長期認定

例として挙げたリコーリースの場合、100株を3月末にクロス取引すればほぼノーリスクでクオカード3000円がゲットできます。

その後は別に手放してしまっても良いのですが、全て手放した後、翌年同様にクロスを行ってもクオカード4000円ゲットとはおそらくなりません。

なぜなら、一旦全て手放してしまうと株主名簿から消えてしまうので、翌年にクロスしても株主番号が変わってしまっているからです。

ならば手放さなければいいわけですが、リコーリースの株価は2019年10月11日時点で3,500円なので、100株なら35万円が拘束され続けることになります。

万が一、株価が10%下落すれば35,000円の含み損を抱えてしまうので、優待で得したところで赤字です。

ここでSBIネオモバイル証券(ネオモバ)の出番!ネオモバで1株だけ持ち続けた上で、毎年3月末に楽天証券など別の証券会社でクロス取引を行った場合、なんと、株主番号は変わらず維持されます。

別口座で同一銘柄を持っていても、名義が同じであれば株主名簿上はひとつにまとまるようです。(名寄せ)

長期保有するのは1株だけですので、たとえ株価が大暴落して紙屑同然になったとしても3,500円以上の損失は出ようがありません。

これで、超低リスクで3年後からは毎年5,000円分ものクオカードを手に入れることができるわけです!

もちろん、ネオモバに限らず、端株を買うことができる証券会社であればこの方法は可能ですが、ネオモバが端株を最も低コストかつ簡単に買えます。

 

SBIネオモバイル証券

ネオモバ端株投資 × 優待クロス

SBIネオモバイル証券(ネオモバ)なら、Tポイントを使って、定額制の手数料で、1株単位から国内株投資にチャレンジできます。

SBIネオモバイル証券(ネオモバ)のメリット・始め方 Kyashで利用料支払い Tポイントを投資して現金化 SBIネオモバイル証券で投資をするメリット ヤフーカードでPayPayチャージする際に貯まるTポイントで投資ができる ...

1株単位からなので資産分散・時間分散でリスクを下げることができますし、条件を満たせば株主優待もゲットできます。

僕はTポイントを使って家計を圧迫することなく保有株を増やしています!

しかし、それでは元手が少なすぎてたいした利益にはならないので、クロス取引で株主優待をゲットすることで実質利回りをブーストさせています。

ご参考までにポートフォリオを毎月公開するようにしているので、一緒に爆益優待をゲットしていきましょう!

↓ネオモバ公式はこちら↓

SBIネオモバイル証券