投資

LINE証券 株のタイムセール攻略 どれくらい儲かるの? 参加方法と利益を出すコツ

株のタイムセール
  • 開催日はLINE証券twitterアカウント等で事前アナウンス
  • 対象銘柄は当日15時ごろに公開
  • 17時からタイムセールスタート
  • 割引率(3%、5%、7%)がランダムで決定
  • 購入は早い者勝ち

なるべく株価が高い銘柄を5株買い、翌朝9時に即売るべし!

LINE証券

昨年末、Twitterで大いに盛り上がったLINE証券のタイムセールがゲリラ開催のレギュラーイベントとなって復活です!

株を割引価格で買えるという斬新な企画!割引で買ってそのまま株価が変わらず売り抜ければ差額分が利益になるわけです。

そんな株のタイムセールの参加方法と、利益を得るコツについてまとめました。

LINE証券

株のタイムセールはどれだけお得なのか

まず参考までに、僕が2019年末のタイムセール全7回に参加した戦績をご覧ください。

全て10株購入(当時の仕様の最大数)し、翌日朝に全売却しています。

開催日 銘柄 割引率 利益(税引後)
12/5 三井住友FG 3% 978
12/10 大和ハウス 3% 681
12/12 豊田通商 7% 2765
12/17 テルモ 7% 2365
12/19 住友金属鉱山 7% 2027
12/24 キヤノン 5% 1205
12/26 三井住友FG 7% 2424
利益合計 12,445円

7回で一度もマイナスになったことはなく、合計1万円以上もの利益が出ています!

当時は株価3,000〜4,000円程度の銘柄が最大10株購入することができました。

新仕様になったタイムセール(2/27)では、購入最大数が5株に減ったものの、数万円の銘柄(東京エレクトロン 23,630円)が対象となったことにより、より大きな利益が見込めるようになりました!

(※コロナウイルスの影響で株価が安定しないのでリスクも高くなっています。)

また、Twitterシェアによるダブルチャンスキャンペーンにより、抽選でLINEポイントが当たります。

LINE証券

株のタイムセール参加方法

株のタイムセールはゲリラ開催ですが、LINE証券公式Twitterなどで事前に通知されるのでマメに確認しましょう。

当日15時ごろに対象となる銘柄が発表されるので、どれを買うか考えておき、17時開始と同時に早押し、という流れです。人気銘柄はすぐに売り切れるので、数秒の躊躇であっという間に売り切れに!以下の流れにしたがって手間取らないよう操作しましょう。

LINE証券
  • STEP1
    入金

    まずはLINE証券口座に入金しないことにはなにもはじまりません。

    LINE Payで簡単に入金可能で、LINEポイントを使うことも可能です。

    (2020年5月仕様変更後)LINEポイントの有用な使い道まとめ・現金や楽天ポイントに交換する方法(出口戦略) LINEポイントの使い道 LINE証券口座を経由すればLINE Pay残高へ変換し現金化可能 LINEギフトでm...

    15時の銘柄発表をみて、希望の銘柄を買うのに必要な分だけ入金しましょう。

  • STEP2
    待機

    17時直前になったらタイムセールのページに移動しておきます。

    以下の画面の状態で待機しましょう。17時ジャストでリロードをタップします。

  • STEP3
    購入

    タイムセール入場時点で、3%OFF、5%OFFまたは7%OFFのいずれかの割引価格で購入できる権利がランダムで付与されます。

    その後、素早く銘柄と数量を選んで購入します。

    以前は購入数量の初期値が1株だったので、希望の数量まで+を連打する必要がありました。

    現在は初期値が上限の5株となっているので、上限いっぱい買う場合は「買う」→「もう一度押して確定する」だけで完了します。

     

  • STEP4
    売却
    買った株をすぐに売却することはできず、翌朝の9時から取引可能になります。
LINE証券

株のタイムセール 儲けるコツ

株のタイムセールの利益は

  • 割引率(3% or 5% or 7%)
  • 株価
  • 売却時の騰落

で決まります。

このうち、割引率は運なのでどうしようもありません。

また、未来のことはわかりませんから翌日の売却時に株価が上がっているか、下がっているかの予想も難しいです。

唯一決めることができるのは購入する銘柄。ここで最も株価の高いものを選べば、割引額=利益が大きくなります。(実際、一番高い銘柄が真っ先に売り切れます。)

せっかく買った株だし、値上がりするまで持ち続ければいいんじゃないの?と思うかもしれませんが、その銘柄が本当に値上がりすると思うのならば、別にタイムセールがなかったとしても買うべきです。

元々欲しかった銘柄であればともかく、「たまたまLINE証券でタイムセールをやっていたから買った」では、長期ホールドする根拠として乏しいので、基本的には翌日、即売却を推奨します。

たとえ割引率以上に株価が下落し、損することがあったとしたら潔く損切りしましょう。

その時はたまたま負けても、「タイムセールで購入→翌日すぐ売却」を何度も繰り返せばトータルで必ず勝てます。LINE証券側が3〜7%も負担してくれているので、期待値プラスのゲームです。

LINE証券

株のタイムセール

開催日はLINE証券twitterアカウント等で事前アナウンス
対象銘柄は当日15時ごろに公開
17時からタイムセールスタート
割引率(3%、5%、7%)がランダムで決定
購入は早い者勝ち
なるべく株価が高い銘柄を5株買い、翌朝9時に即売るべし!

LINE証券