キャッシュレス

(注意喚起)メルペイスマート払いの「定額払い」は「リボ払い」である。安易に使ってはいけません!

 メルペイの「定額払い」とは…

→手数料年率15%のいわゆる「元利定額あとリボ払い」

計画的に利用しないとお金を払い過ぎてしまう危険あり

メルペイスマート払いは必ず翌月中に残高払いで精算すべし

メルペイスマート払いの新たな精算方法として「定額払い」ができるようになりました。

一見して便利そうに思えるのですが、これはクレジットカードで言うところの「リボ払い」と全く同じシステム! 仕組みをよく理解せずに安易に手を出すと大損することに繋がりかねません。

この記事では、メルペイの「定額払い」の概要とリスクを注意喚起するとともに、どうしても分割払いしたいときに取るべき選択肢も紹介します。

メルペイ「定額払い」の概要

メルペイ定額払いとは、クレジットカードで言うところのいわゆる「あとリボ」サービスです。購入翌月に精算方法として手動で選択することになります。

ペイの実
ペイの実
メルペイで買っただけで自動的にリボ払いになってしまう、ということはありませんのでそこは安心してください。

メルペイ定額払いはなぜ危険なのか

一見すると毎月の支払いを定額にできるなら便利だなと思えるかもしれませんが、メルペイの定額払い=リボ払いなので手数料を余計に支払う必要があります。

メルペイ定額払い手数料:実質年率15%

ペイの実
ペイの実
手数料年率15%は一般的なクレジットカードのリボ払いと同じ水準です。

例として、メルペイ公式ページの図解の通り、6万円の買い物をして定額払いで毎月1万円返済した場合どうなるかを示します。

支払い6ヶ月目までの返済額は毎月1万円ですが、その内訳は月ごとに異なっていることがわかるかと思います。返済初期は残債が多いため手数料充当の割合が大きくなり、元金がなかなか減っていかないのです。そして最終的には一括払いに比べて2,768円ほど損する計算になります。

メルペイ 定額払い=元利定額リボルビング方式

毎月の返済額が一定のため支出を管理しやすいが、借入残高が多い返済初期は、元金に対して利息分の割合が大きいため元金が減りにくい

一回きりの買い物をリボ払いするぶんには、順調に返済していけばいずれ完済できるので、大怪我する可能性はそれほど高くありません。

ですが、月々返済額の増額や繰上げ返済を行わないまま、毎月リボ払いを使っていると、返しても返しても元本が減らなくなっていき、気づいたら大きな負債を抱えているということになりかねません!

ペイの実
ペイの実
メルペイは手動で精算方法を指定するあとリボ方式のため、気づかないうちにリボ払いで買い物してしまうという心配はないので、その点では安心です。仕組みを理解しないまま「定額払い」を使うことだけ避ければ大丈夫です。

 

メルペイスマート払いの正しい使い方

メルペイスマート払い(=あと払い)自体は便利な仕組みであり、適切に使えば損することは全くありません。

スマート払いの損しない精算方法は翌月中に遅延なく残高払い、これ一択です。

手順は↓の記事に示すとおりです。

メルペイスマート払いは怖くない! 手数料無料にする返済方法とは? メルカリやっていない人も使うべし メルペイスマート払い(あと払い)は全くのノーリスク 限度額は自分で設定可能 →使いすぎの心配なし 手数料は翌月残高...

その他の精算方法や定額払いを使ってしまうとなんらかの手数料を払わされる羽目になります。

どうしても分割払いしたいときは…

リボ払いはヤバい!

そうは言っても、持ち合わせがなくても、どうしても買い物したいことだってありますよね。

そんなときはメルペイじゃなくて、ちゃんとしたクレジットカードを使いましょう。

クレジットカードの2回払いは基本的に手数料無料

クレジットカードでの支払い時に、分割回数を指定できますが、2回払いまで基本的に手数料無料で、完全にノーリスクです。

お金がなくてピンチでも買い物しなくてはならない場合、まずは2回払いでなんとかならないか考えてみましょう。

メルカリでの買い物の際もクレカ2回払いが使えます。

ペイの実
ペイの実
クレジットカードによっては例外的に2回払いでも手数料がかかるものもあるようなので、お持ちのカードの手数料は要確認です。

クレカのリボ払いのほうがメリット、優遇あり

推奨はしませんが、どうしてもリボ払いを利用したいなら、例えば楽天カードなら「元金定額リボルビング方式」なので、同じ利率でも、メルペイの定額払いよりは手数料を抑えやすいです。

「元金定額リボルビング方式」は手数料を含んだ月々支払額は一定にはなりませんが、元金は一定のペースで返済されていくのでメルペイの定額払いよりはマシです。

一口にリボ払いと言っても、カード会社によって仕組みは様々なのでよく理解した上で計画的に使わねばなりません。

あえてリボ払いすることでポイント還元率が上がったり、ショッピング保険が適用されたりといったメリットもあるので、手数料を払ってもお得だと判断できれば使う選択肢もありです。(あくまで計画的に!)

エポスカード リボ変更→繰上げ返済で還元率を0.5%アップさせる裏技!手数料は一切かかりません 毎月月初に、エポスのあとリボ変更→即時返済の操作をするようにしてます。これをやることでまったくのノーリスクでポイントを2倍(+0.5...
クレジットカードのショッピング保険比較 iPhoneはイオンカードで買うべし!「買ったばかりのスマホを落としてバキバキに割れてしまった…。」 「メーカー保証も入ってないし、実費で修理か買い替えしかない...
ペイの実
ペイの実
メルペイの定額払いはポイント還元もないし、全くメリットがないのであえて選ぶ理由は皆無です!!